脂肪をためこむ血糖上昇をストップ!!朝まいたけダイエットをはじめよう

お腹の脂肪を減らしたいのなら

朝食を抜けば摂取カロリーが減って痩せると考えられがちですが、ほとんどの人が痩せることはありません。空腹で昼に主食をドカ食いしやすくなるため、結果的には増えてしまう傾向にあります。血糖値が急上昇して、インスリンが大量分泌されてしまえば、余分な糖を脂肪にかえて、脂肪細胞を蓄えてしまうため体脂肪が非常につきやすい身体になるでしょう。また、急激に上がるだけでなく、急激に下がりますので、甘いものや主食を食べることを繰り返してしまうので注意が必要です。お腹の脂肪を減らしたいのなら、この負の連鎖から抜け出すことが一番ですよ。

朝まいたけ生活をはじめよう

血糖値を急上昇させない栄養素といえば、食物繊維が有名ですよね。きのこ類は食物繊維が豊富なだけでなく、独特の歯ごたえからも早食いをふせいだりしてくれるので、急上昇を抑えてくれますよ。特にまいたけはαグルカンという血糖降下作用がある成分が含まれているので魅力的でしょう。朝食にまいたけを食べると、糖質や脂質の代謝が整い、身体に脂肪がつきにくくなることが研究の結果立証されています。朝食を抜くと栄養バランスが崩れにくく、筋肉や肌ツヤも失われやすいので気をつけましょう。脂質やたんぱく質は血糖値を上げないので、まいたけに良質な油であるオリーブオイルなどを加えるのがいいですよ。油を加えることで腹持ちもよくなりますので、間食も減らすことができるでしょう。そのままソテーして食べてもいいですし、魚などを加えて簡単な作り置きを朝食にぱっと加えてみましょう。

品川美容外科の2chについて調べる