刺激や摩擦には負けない!デリケートゾーンを色素沈着からガード!

どうしてそんなに黒ずみやすいのか

デリケートゾーンの皮膚は、目の周りの皮膚よりも薄くて刺激に弱いということはあまり知られていませんよね。それなのにアンダーヘアの自己処理や下着による圧迫や摩擦、さらにフラッシュ脱毛によるダメージなど、常にたくさんの刺激に晒されているんです。生理用のナプキンやおりものシートまで皮膚にダメージを与えると言われると、それでは一体どうしたらいいのかと困ってしまいますよね。摩擦が肌にとってダメージになることはわかっていても、どうして圧迫すると肌が黒ずむのか疑問に思う人もいるかもしれません。肌は圧迫されていると、自分を守ろうとするために角層を分厚くすることで対抗しようとします。つまり、顔にくすみが生じるのとまったく同じ現象がデリケートゾーンでも起こっているんですね。サイズの小さい下着やボトムスを着用していると起こりやすい現象なので、まずは自分の体にぴったりフィットしたサイズのものに切り替えてくださいね。

黒ずみを残さないためにどうしたらいいの

黒ずみの予防と改善の為に出来ることはなにがあるのでしょうか。保湿とターンオーバーの改善、それから生活習慣の見直しなどです。日常的に刺激を受けているデリケートゾーンの肌を乾燥させてしまうと、メラニン色素が排出されずに定着してますます黒ずんでしまいます。その為、デリケートゾーン専用のケアクリーム等で肌に保湿成分を与えましょう。粘膜以外なら使ってもいいですよ。不規則な生活習慣や栄養バランスを見直して、ターンオーバーの周期を正常化させてくださいね。

刺激や摩擦には負けない!デリケートゾーンを色素沈着からガード!

どうしてそんなに黒ずみやすいのか

デリケートゾーンの皮膚は、目の周りの皮膚よりも薄くて刺激に弱いということはあまり知られていませんよね。それなのにアンダーヘアの自己処理や下着による圧迫や摩擦、さらにフラッシュ脱毛によるダメージなど、常にたくさんの刺激に晒されているんです。生理用のナプキンやおりものシートまで皮膚にダメージを与えると言われると、それでは一体どうしたらいいのかと困ってしまいますよね。摩擦が肌にとってダメージになることはわかっていても、どうして圧迫すると肌が黒ずむのか疑問に思う人もいるかもしれません。肌は圧迫されていると、自分を守ろうとするために角層を分厚くすることで対抗しようとします。つまり、顔にくすみが生じるのとまったく同じ現象がデリケートゾーンでも起こっているんですね。サイズの小さい下着やボトムスを着用していると起こりやすい現象なので、まずは自分の体にぴったりフィットしたサイズのものに切り替えてくださいね。

黒ずみを残さないためにどうしたらいいの

黒ずみの予防と改善の為に出来ることはなにがあるのでしょうか。保湿とターンオーバーの改善、それから生活習慣の見直しなどです。日常的に刺激を受けているデリケートゾーンの肌を乾燥させてしまうと、メラニン色素が排出されずに定着してますます黒ずんでしまいます。その為、デリケートゾーン専用のケアクリーム等で肌に保湿成分を与えましょう。粘膜以外なら使ってもいいですよ。不規則な生活習慣や栄養バランスを見直して、ターンオーバーの周期を正常化させてくださいね。

品川美容外科の死亡について詳しく